鼻の病気

鼻の病気について

鼻は外鼻(顔の外に張り出している部分)と鼻腔(鼻の中の穴)、および副鼻腔(鼻腔を取り囲むようにしている空洞)から成ります。
鼻はにおいを嗅ぐ機能だけでなく、呼吸器官、また声の共鳴に関わる器官としての大切な働きを担っています。
鼻は肺や気管を守るために、吸った空気を十分に温め、加湿し、ウイルスや細菌、ほこりなどの体内への侵入を妨害して、きれいな空気を肺に送り込むためのフィルターのような役目をしています。
そんな鼻が病気にかかり、吸い込んだ空気が浄化されなくなったり、口呼吸をすることになったりすると、ウイルスや細菌が喉や肺に直接侵入してしまい、さまざまな悪い影響をもたらします。
鼻がつまる、くしゃみや鼻水が出る、においがわからない、鼻や頬が痛むなどの症状が現れたら、どんなことでも早めにご相談ください。

こんな症状はご相談ください

  • くしゃみ
  • 鼻みず
  • 鼻づまり
  • 鼻が痒い
  • においがわからない
  • 鼻や頬が痛む
  • 鼻血
  • いびき など

花粉症

花粉症とは、アレルギー性鼻炎の一種で、特に植物の花粉が原因となって、目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こします。
原因物質としては、スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、ハンノキ、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。

症状:
目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が現れます。ひどくなると、咳、のどや皮膚の痒み、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感などもみられるようになります。肉体的にも精神的にもダメージを受けて意欲が低下し、生活の質(QOL)が大きく損なわれてしまうこともあります。

検査:
問診や鼻鏡検査を行うとともに、血液検査によってアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を特定します。

治療:
抗原回避(アレルゲンを近づけない環境整備)、および薬物療法を中心に進めます。
治療法には、主に以下のような方法があります。

内服薬

花粉の飛散が開始する2週間前(症状の出る前)から飲み始めることが勧められています。
症状が出てから薬を飲み始めるのに較べ、症状が軽く済むことが多いというデータがあります。特に鼻汁、くしゃみが強いタイプの人には効果的です。

鼻スプレー

花粉症治療の効果が強く、副作用が少ないため、鼻づまりなどの症状が強い人には、内服薬に加えて局所スプレーを併用します。

レーザー治療

慢性的な鼻づまりでお悩みの方には、アレルギーへの過剰反応を鈍らせることが可能なレーザー治療などもあります。

減感作治療

アレルゲンを薄めた液を定期的に皮膚の浅いところに注射して抗原と抗体の反応性を弱めていく療法で根本的治療です。

アレルギー性鼻炎

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、抗原と抗体が鼻の粘膜で反応し、鼻症状を起こすのがアレルギー性鼻炎です。風邪と違って、のどの痛みや熱などは伴いません。アレルギー性鼻炎(通年性)の原因は家の埃やダニの糞・死骸などです。ペットのフケやカビも原因となります。

症状:
アレルギー性鼻炎の症状は、主として鼻と目に現れます。なかでも、「くしゃみ・鼻みず・鼻づまり」が、その3大症状です。

検査:
まずは、鼻炎の症状がアレルギー性かどうかを調べます。検査には問診、鼻鏡検査、血液・鼻汁好酸球(こうさんきゅう)検査などがあります。また、アレルギー性であったならば、何が原因(アレルゲン)になっているかを調べます。

治療:
アレルギー性鼻炎の症状を軽くするには、とにかく家の埃、ダニの糞・死骸、ペットのフケやカビなど、アレルギーの元にできるだけ曝されないようにすることです。こうした策を講じた上で、抗アレルギー薬の飲み薬や鼻スプレーで症状を抑えていきます。
その他、レーザー治療、減感作治療などの治療方法があります。

アレルギー性鼻炎治療についてより詳しくはこち»

副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻の副鼻腔という場所に炎症が起きる病気です。風邪の症状が出てから1週間ほどしてから、風邪に続いて細菌感染が副鼻腔に起こり、発症することが多いです。

症状:
鼻汁が絶えず出てきて、よく鼻をかむ、常に鼻がつまっていて口で呼吸している、いびきをかく、においがわからない、頭痛がする、などがあります。

検査:
鼻鏡検査・内視鏡検査、X線検査、細菌検査などを行います。

治療:
薬物療法や鼻処置、抗生剤の入ったネブライザー(吸入器)などを使った処置を行います。こうした治療をしても治らない慢性化したものは、手術を行うこともあります。

鼻血

鼻、特に鼻腔からの出血のことです。

症状:
多くは手で触った時の出血や、外傷や感冒に伴う出血です。なんの前触れも無く出血することもあります。中高年齢者で動脈硬化が進み高血圧により生じるものもあります。

検査:
鼻の中をよく観察し、どこから出血しているのかを確認します。鼻の奥からの出血の場合、鼻腔用ファイバーを用いて出血部位を確認します。血液検査などを行うケースもあります。

治療:
鼻出血の大半は、キーゼルバッハ部位という場所からのものです。キーゼルバッハ部位は、鼻に指を少し入れた時に指先が内側(鼻中隔:びちゅうかく)に触れる部分です。ここは薄い粘膜でできているうえ、たくさんの毛細血管が網の目のように走っているので、ちょっと傷がつくと出血します。この出血を止めるには、親指と人差し指で小鼻をつまんで圧迫するのが、簡単かつ効果的です。中高年の高血圧により生じるものは大量に出血し、止まりにくいのが多いです。

※出血がなかなか止まらなかったり、それが大量だったりした場合、また鼻血を頻繁に繰り返すようなら、耳鼻咽喉科等を受診してください。

鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)

鼻の穴を左右に分けている壁(鼻中隔)が、極端に曲がっている状態のことです。

症状:
鼻がつまる、いびき、においがわからない、などの症状が出ます。頭痛、肩こり、注意力の減退、鼻血などの症状が出ることもしばしばです。アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)があると、そうした症状は、さらに強くなります。

検査:
「前鼻鏡」という器具で鼻孔を広げ、医師が肉眼で鼻の中を観察します。
鼻中隔が彎曲しているかどうかは、この検査をすれば、すぐにわかります。内視鏡検査やCT検査が行われることもあります。

治療:
鼻づまりなどの症状がひどい場合は、鼻中隔矯正手術を行います。鼻中隔矯正手術では、曲がっている鼻中隔の軟骨・骨を取り除き、まっすぐに矯正します。通常約1週間の入院が必要になります。

嗅覚障害

鼻がつまっているわけでもないのに、鼻が利かなくなる疾患を嗅覚障害と言います。

症状:
においが感じられなくなります。においが感じられないと味覚も低下します。

検査:
原因を調べるために問診、内視鏡検査、画像検査などが、また嗅覚障害の程度を調べるために嗅覚検査などが行われます。

治療:
原因によって、それぞれ治療法も異なってきます。
嗅覚障害は原因によって、呼吸性、嗅粘膜性、混合性、中枢性の4つに分類できます。
呼吸性は、においの分子が嗅粘膜というセンサーまで届かない状態で、鼻づまりやアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などが解消されれば、すぐに嗅覚は戻ります。嗅粘膜性は風邪ウイルスなどによって嗅粘膜、つまりにおいのセンサー自体に障害が生じている状態です。薬物で治療しますが、回復しないケースも見られます。混合性は呼吸性と嗅粘膜性が同時に起こった場合です。中枢性は頭部外傷などによる神経損傷が原因で、現在のところ有効な治療法は見つかっていません。
また嗅覚障害の原因として多いのが慢性副鼻腔炎(蓄膿症)で、40%くらいを占めると言われます。慢性副鼻腔炎では呼吸性の障害が多いため、鼻の手術で換気が良くなれば、においの感覚も改善します。
炎症やウイルスによって嗅粘膜に障害が生じたと考えられる場合、その治療としては、神経を活性化させるために、ステロイド剤の点鼻や、神経を活性化させるビタミンB剤の内服が主になります。

鼻前庭炎

鼻孔入り口のすぐ内側(鼻前庭)が、感染により炎症を起こした状態です。鼻をほじったり、繰り返し鼻をかんだり、鼻毛を抜いたりすることで、鼻前庭部が傷つき、その傷口から細菌が感染し、炎症を起こします。

症状:
鼻孔の周辺に赤褐色のただれができ、腫れて分泌物が出てきます。腫れぼったい感じがして、鼻づまりを覚え、ヒリヒリと痛痒いような症状が現れます。

検査:
肉眼や顕微鏡で患部を観察します。

治療:
抗生物質入りの軟膏を塗布します。蒸しタオルで患部を1日3回、15~20分くらいずつ温めると、より効果的です。炎症がひどい場合は、消炎剤や抗生物質の内服も併せて行います。

医院概要

概要

医院名 医療法人社団 泰陽会
本八幡耳鼻咽喉科
住所 〒272-0023
千葉県市川市南八幡5-10-4 1F
行徳街道沿い、1階隣はマツモトキヨシ調剤薬局様
電話番号 047-378-8711(ハナイイ)
最寄り駅 JR総武線 本八幡駅南口より徒歩2分
都営新宿線 本八幡駅より徒歩3分
京成本線 京成八幡駅より徒歩5分
駐輪スペース 20台分あり
駐車場 ハローワーク隣の「三井のリパーク」南八幡5丁目第3駐車場の駐車補助券をお渡しします。
パーキング後、駐車券をお取りになり、受診の際にクリニック受付にお持ちください。
診察受付時間 日祝
8:50~12:30
~14:00
14:50~18:30
[休診日]休診日:水、日、祝

※木曜午後、第1、3土曜午前は医師2名体制となります。
詳しくはこちら

アクセス